このブログは、関係者のご支援をいただきつつ、開設者個人の責任において管理・運用・投稿(記述)をしております。
内容に関しましては、北星学園大学および入学試験センターの公式の投稿(記述)・発表ではありませんので、記載
されている行事や入試に関する情報については、大学公式ホームページでご確認ください。
 

2017/02/25

地下鉄東豊線のユニバーサルデザイン

今日は、16時から、新さっぽろのアークシティホテルにて、あつべつ区民協議会の運営委員会でご一緒している方の札幌市自治振興功労者表彰受賞記念祝賀会に参加させていただきました。

その受賞された方のご経歴を拝見しますと、ものすごい数の町内会活動やその他の地域の活動の公職が非常に多く、長年に亘って社会貢献されてきたということに驚きました。

今回は終了時間が比較的早かったため、同じテーブルに座った運営委員の方々数人と新さっぽろの居酒屋に行き、情報交換をさせていただきました。



さて、今日は前日行ったボランティアをする場所に行くために使用した東豊線について、触れたいと思います。

現在、東豊線では可動式ホーム柵の設置工事が駅ごとに順次実施されています。


ポスターを確認しますと、予定通り進んでいるとしますと、全14駅のうち、11駅が終わったことになると思います。
福住駅から始まり、環状通東駅(H29.2使用開始予定)まで設置工事が終了していることになります。

最近は、視覚障がいの方々、酔っ払い、歩行弱者の方々などがホームから転落する事故のニュースを耳にすることがありますが、ホーム柵は転落防止に大きな効果があります。
このことはまさしくユニバーサルデザインです。

南北線、東西線ではもう既に終わっていますので、あと4駅で札幌の地下鉄はすべての地下鉄の駅でホーム柵が設置されることになります。

なお、エレベーターについては、もう既に地下鉄は全線全駅ですべて設置済みとなっていますので、バリアフリー化・ユニバーサルデザイン化がどんどん進んでいます。


ところで、皆さんは一編成の車両数が、東豊線は南北線・東西線に比較して、少ないのはご存知でしょうか?
また、集電方式について、南北線と東西線・東豊線が異なるのはご存知でしょうか?
ゴムタイヤを採用しているのはご存知ですよね?

2017/02/24

定期券売り場の床サイン

今日は昨日に引き続き、夕方からボランティアがありました。
昨日、実は22時まででしたが、今日は表彰式がありましたので、いつもより1時間長い23時までで深夜(?)にまで及びます。

アジア大会のことを書いていると日付が変わってしまいますので、先日見かけたことについて、今日はお話しします。

先日、区役所での会議に向かう際、地下鉄新さっぽろ駅の定期券売り場に床サインがリニューアルされていることに気づきました。

新さっぽろ駅の定期券売り場は、改札口(南側)のすぐそばにあり、区役所方面の出口に向かう途中にあります。



以前は、はっきりと記憶にはないのですが、並ぶ先頭にしかサインがなかったような気がします。

今回、見つけたサインは新しいこともあって非常に見やすいのですが、非常に長い床サインが設置されていました。

もうすぐ新年度、新学期に変わる季節ですが、定期券売り場も非常に混むこともあって、このように長い床サインを設置したのではないでしょうか?


このように床サインは、待ち行列ができやすいところに、設置されるようになってきています。
天井や壁のサインとは異なり、行列の並ぶ方向や位置を示しやすいので、利便性が高いためです。
また、映画館(シネコン)や空港カウンター等では移動や待ち行列の長さによって調整できるベルトパーティションなどを使用していますが、障害物にもなってしまいますので、場所によっては床サインなどの利便性が高くなります。

最近はお客さんが時間帯によっては並ぶスーパーやコンビニ、お土産屋などでも使われていますよね。


地下鉄や病院などでは、道案内で使われてもいますが、課題もあり、最近はあまり使われなくなってきているようです。

2017/02/23

祝辞・祝電のお披露目

今日の午前中、厚別区役所会議室において行われた「第1回 あつべつ食の文化祭実行委員会」に参加し、夕方からは冬季アジア札幌大会のボランティアをしてきました。

ボランティアにつきましては、期間中は不謹慎と思い、あまりお伝えしていませんが、今日でひと段落つきますので、後日、少し詳しくお伝えしたいと思います。


ところで先日、合格発表の際、C館1階の玄関ホールであるホワイエの階段前に、本学に届いた卒業式に対する祝辞・祝電がお披露目されていました。


道内外の大学や高校を中心に本学に関係のある方々(各所)から多くのお祝いメッセージが寄せられています。

これを見て、昨年の12月のクリスマスカードのお披露目についても思い出しました。
北星学園大学は、キリスト教による教えを建学の精神として設立された大学・短期大学部ですので、クリスマスカードも多く寄せられます。

クリスマスカードの場合は、壁の掲示ボードにきれいに飾り付けがなされてお披露目され、感動した覚えがあります。
写真を探したのですが、すぐに見つかりませんでしたので、後日、見つかれば、この日記でもお披露目いたします。


ところで、午前中に出席した「食の文化祭実行委員会」は他の検討委員会や実行委員会とは異なり、企業の方が非常に多く参加しています。



午前中に参加した実行委員会の案内サイン


そのためか、多様な視点から非常に多くの意見やアイディアが出されます。
今年(再来年度)に開催される「食の文化祭」は、昨年開催された文化祭よりパワーアップして、さらに面白くなりそうです!


アジア大会のボランティアは、今日の夕方~深夜(?)の活動で最後です。

2017/02/22

区民協議会「厚別のにぎわい祭り検討委員会」

今日は区役所にて、あつべつ区民協議会の「厚別ににぎわい祭り検討委員会」があり、参加してきました。



あつべつ区民協議会は2年ごとの任期で進められていますが、現在は第6期の2年目で発足より12年経過したことになります(発足当初は「あつべつまちづくり協議会」)。

今日の検討委員会は、区民協議会の中の1つの検討委員会ですので、協議会同様、今年度で一区切りつけることになります。

そのため、今日の議題は、第6期の総括について議論をしました。


来月、区民協議会の全体会議が開催され、本検討委員会を含めた各検討委員会・実行委員会のの2年間の総括が報告されることになっています。



また今日の夜は、ある異業種交流会にも参加し、様々な企業の方と交流・情報交換をしてきました。

2017/02/21

☆合格発表☆ & 海賊達流合格祝い

今日、2月21日(火)は、
北星学園大学・北星学園大学短期大学部の
一般入学試験及び大学入試センター試験利用入学試験
合格発表の日です。


発表は、午前10時にC館ホワイエで行われます




発表前のホワイエ


発表前には、多くの受験生や保護者の皆さんが来られていました。

最近は大学の公式ホームページ(Web)で確認する人が多いようですが、このように大学で合格発表を確認するのもよいですよね。



10時になっていよいよ発表です



友人同士や親子等で喜ぶ姿が多く見られました


ところで、本学のアメリカンフットボール部「パイレーツ」が、海賊達流の合格祝いをしてくれました。




このように、在学生を代表し(?)、パイレーツ(海賊たち)流の合格祝いで、合格発表を盛り上げてくれるのは、非常に嬉しく思っています。

一緒に見に来ていた、保護者の皆さんもとても喜んでおられたのが印象に残っています。

教員の私として少し気になっていた安全対策はバッチリ立てていたようです。


パイレーツの面々は、40分以上に亘って合格祝いの胴上げをしてくれていました。

「寒くないの?」と聞いたら、「寒いですっ!」と元気に答えてくれましたが、その時の気温は・・・


風邪をひいて、トレーニングに影響が出ないことを祈るばかりです・・・



合格発表会場


今回の合格発表の様子については、大学公式ホームページのニュース(2/21)北星学園理事長ブログ「今日もWE!」でも紹介されていますので、併せてご覧ください!



Webによる合格発表は・・・


※画像をクリックしても、合格発表のサイトにリンクしておりません


受験生Webにて合格発表の確認ができるようになっています。

☆合格発表の確認は → こちら(2/24まで)

2017/02/20

ノートテイク講習会

今日、10時からアクセシビリティ支援室主催でノートテイクの講習会がありましたので、覗かせていただきました。

ノートテイカーによるノートテイクは、聴覚にハンディキャップがある学生に対して、聴覚(耳)の代わりになる役割を担ってもらうものです。




講習会では、アクセシビリティ支援室長の田実潔先生のアクセシビリティに関する説明が講義形式で行われ、その講義を実践的な題材としてノートテイクの講習を行うという形で行われました。

またその講義の後、「ノートテイクルールブック」を参考にノートテイカーとして活躍していただくための説明が行われました。
講習会ですので、当然その説明もすべてノートテイクを取る形で行われました。

後ろで見学していましたが、今回の講習会に参加された学生の皆さんのスキルは皆さん、素晴らしく、ノートテイカーとしてすぐにでも活躍していただけそうな印象を持ちました。

ノートテイクは、1つの伝達・表現手段ではありますが、入力した文字を通じて、対象学生に先生の講義での発言内容をしっかりと伝えるという意味で、非常に重要な役割となっています。
また、単なる発言内容だけでなく、ニュアンスや雰囲気も可能な限り一緒に伝えていますので、素晴らしいスキルであると思っています。
「想いの込めた文章」を「瞬時に表現すること」はきっと将来、いろいろなところで役に立つことと思います。


※操作ミスの関係で、公開になっておりませんでした。そのため、公開が少し遅くなってしまいましたことをお詫び申し上げます。

2017/02/19

冬季アジア札幌大会公式アプリ

存在は知っていたのですが、今日、冬季アジア札幌大会の公式アプリをダウンロードしてみました。

このアプリでは、大会に関する様々な情報を得られることができます。
いち早い試合結果や中継映像も見られるようです。




そして、私が気になったのは、VR、即ちVirtual Reality(仮想現実)です。
最近は、VRのヘッドセットやスマホを使って簡単に見られるキットなども発売され、特にゲームなどでは大人気のようです。

ユニバーサルデザインの絡みでは、最近観光地において観光UDとしてVR技術が使用され、キャラクターが出て来て観光地の案内ガイドをしてくれたり、通常見られないところまで見られるようにするなど、効果的に観光を楽しんでいただけるように使用されたりもしているようです。

今回のアプリにも、VRのページがあって、カーリングを選手視点やストーン視点など様々な視点からリアルに体験できるようになっています。

興味のある方は、一度、覗いてみてください。