このブログは、関係者のご支援をいただきつつ、開設者個人の責任において管理・運用・投稿(記述)をしております。
内容に関しましては、北星学園大学および入学試験センターの公式の投稿(記述)・発表ではありませんので、記載
されている行事や入試に関する情報については、大学公式ホームページでご確認ください。
 

2016/12/08

朝食キャンペーン&クリスマスコンサート

昨日から始まった今年度最後の「50円朝食キャンペーン アンコール!」企画ですが、今回は3日間だけ実施で、明日の朝が最終日になります。



明日で最後ですので、権利のある在学生は、是非食べに行きましょう!

デジタルサイネージの案内によりますと、明日は学生に大人気の「チキンおろしだれ」と「たまごやき」のようですので、食べ逃しのないようにお気をつけください!(笑)


ところで、今月は12月ですので、C館1階にはクリスマスコンサート関係の案内が複数掲示されています。





ハンドベルクワイアのコンサートもあります。
部員募集の案内も横に掲示されていました。

ハンドベルは一人で限られた音階のハンドベルしか担当できませんので、曲目によると思いますが、ある程度の演奏者の人数が必要になります。

その音階の頻度にもよると思いますが、一人でいくつの音階までたんとうできるのでしょうか?

2016/12/07

附属高校のサイン

今日の夕方、入試関係の仕事があり、附属高校(北星学園大学附属高等学校)に行って来ました。

以前から非常に気になっていましたが、附属高校には、非常に興味深いトイレサインがあります。



私のこれまでに見た範囲内の話しではありますが、このようなピクト(?)のサインは見たことがありません。

トイレに駆け込むようにも見えなくはないのですが、個人的にこのサイン(ピクト?)は非常に好きで気になるサインです。


実は今日、経済学部経営情報学科のFM放送プロジェクトが開始されたのですが、附属高校の関係の仕事のため、スタジオに行くことができませんでした。

FM放送プロジェクトについては、後日ご報告いたします。

2016/12/06

大連出張報告-2 出発・成田編

今日は4日に引き続き、大連の出張報告をさせていただきます。

今回は、成田空港第1ターミナルを利用しましたが、空港は様々なところで、ユニバーサルデザインを見つけることができます。

カウンターの番号・記号は、遠くからでもその場所がわかりやすいようにサインが設置されています。

特に、案内カウンターは比較的わかりやすい位置に設置され、サインもわかりやすくなっています。



ところで、案内は「?に○」のピクトグラムと、「iに○」のピクトグラムの使われ、混同している人も多いと思いますが、この違いは、皆さんおわかりになるでしょうか?



気になる人は、是非調べてみてください。


柱状に設置されているサインには、ピクトも描かれ、フォントや色などの工夫と合わせ、非常にわかりやすくなっています。






鉄道との接続部分には、床サインでも表現されていました。



レストランやショップなどもピクトでわかりやすく表現されています。



「エスカレーター」のピクトではなく、「カートOK!」のピクトの方が大きく表現されています。

「エスカレーターがある」という情報より、「カートOK!」の情報の方がこの場では重要ということですよね。



フライトインフォメーションボードです。


航空会社ごとに色分けもされています。

最近、羽田空港もそうですが、フライトの出発時間が一番最初(左側)に表現されるパターンが多くなっています。
その理由はわかりますでしょうか・・・?

2016/12/05

優勝パレード

今日は夕方(夜?)から、栗山町で「栗山町政策評価委員会がありました。

講義が終わってから行きましたので、少し遅刻をしてしまいましたが・・・
(あらかじめ遅れることはお話ししてありました)



今日の画像ではありません・・・




ところで、その政策評価委員会の終了後に耳にした情報ですが、栗山町で今月の23日(金・祝)に栗山監督優勝パレードがあるそうです。

10:00~ セレモニー
10:20~ パレード(住まいと暮らしの旗矢前~ココカラファイン栗山店前の約500m)
12:30~ 握手&撮影会(※往復はがきにて事前のお申し込みが必要のようです)

※ 詳細は、栗山町HPの新着情報(12/3)のこちらをご覧ください。

2016/12/04

大連出張報告-1 前泊・初日編

実は、ほぼ2週間前の21日(月)~24日(木)<前泊分も含む>に、本学の海外協定校である大連外国語大学の日本語学院に説明会に出張で行って来ました。

遅ればせながら、その時の出張報告をさせていただきます。
1日では書き切れませんので、何日間かかかると思います(笑)


以前は、札幌からでも乗り継ぎで大連に行くことができたようですが、出発時刻が少し変わったせいか、乗り継ぎ時間がわずかに足りず、成田空港に前泊することになりました。

国内線は、羽田経由ではなく、新千歳→成田便を利用しましたが、成田に着くとボーディングブリッジではなくバスでの移動でした。

バスの到着口のそばには、海外からの到着客向けに撮影スポットがありました。


外国人観光客の子ども連れの家族が記念写真を撮っていました。


またそのまま進んでいきますと、某企業が開発したロボットがお迎えをしてくれました。


到着客や乗り継ぎ客の誘導を、マルチリンガルで対応していました。

近年、外国人が訪れる空港や観光地では、案内業務のユニバーサルデザインで、ロボットが対応してくれるところが増えています。
人がおもてなしの心(心のユニバーサルデザイン)で対応するのも重要ですが、世界各地からインバウンドで観光客が訪れるようになった現在、多言語対応ができるロボットは強力なスタッフの一人となっているようです。

人とロボット、得意なところで活躍し、お互いに補うことによって、観光客にとって使いやすい環境を整備できるのかもしれません。

その日は、ホテルに宿泊するだけですが、空港周辺のホテルは、お客さんの利便性を図るため、送迎サービスがついているところが多くなっています。



車内から写しましたので、思いっきり写りが悪い(私も反射で何となく写っているのがわかるかと思います)のですが、ホテル送迎専用のバス停も用意されています。

いくつかのホテルが共同で運行している場合もあるようですが、次々にバスがバス停に来て、お客さんを拾っていました。
あまりにもバスが多かったのですが、ホテル同士での調整で、微妙に発車時刻をずらしているのかもしれません。

2016/12/03

【お知らせ】 入試関係&進学相談会+奨学金

私は出張のため、その様子をお伝えすることはできませんでしたが、
昨日、先日11月26日(土)に実施された
社会人・外国人留学生・編入学試験等の合格発表がありました。

また2日後の5日(月)には札幌で進学相談会、10日(土)には公募・自己推薦入試がありますので、改めて入試関係&進学相談会+札幌圏以外にお住まいの方にとってもお得な奨学金のお知らせをしたいと思います。


<入試関係-12月>
12月10日(土) 公募推薦入学試験(大学全学部)・
            自己推薦入学試験(短期大学部)   入学試験日
12月16日(金) 公募推薦入学試験(大学全学部)・
            自己推薦入学試験(短期大学部)   合格発表日
※出願受付期間は終了しています。


<進学相談会>
2016年12月5日(月) 15:00~18;00  札幌  札幌グランドホテル
2017年1月20日(金) 13:00~18:00  札幌  大学情報プラザ札幌店
<一般入試前、最後の進学相談会となります>

※ 受験生Web入試関連カレンダーをご確認ください。


<自宅外通学支援奨学金>
 この奨学金は、札幌市内及び近郊以外で経済的な事情により入学が困難な受験生に対し、北星学園大学への進学を志せるよう入学後の経済支援を行うことを目的とした奨学金です。
 入学前に採択の可否がわかるのが特徴となっております。
 また、採択が決定しても、入学の義務はありません。

○ 申請期間 : 2017年1月6日(金)~1月27日(金)
○ 支給金額:年額36万円(給付) → 貸与ではありませんので、返還の必要はありません。
○ 給付期間:原則として4年間(短期大学部の場合は2年間)
※ 対象となる入試、採用人数、対象となる居住地については、募集要項(下記にリンクあり)をご確認ください。


※ 詳細は、自宅外通学支援奨学金の募集要項のページをご覧ください。

2016/12/02

【標識】道路交差点あり

今日は、公務で道東方面のある町に行きました。

用務先の近くで、少し変わった道路標識を見つけましたので、ご紹介します。


まずは普通(?)の「道路交差点あり」の標識です。


「十(+?)字形道路交差点あり」の警戒標識です。


この標識のすぐそばに、十形でない「道路交差点あり」の標識を見つけました。



十形、T形、Y形、ト(?)形は、良く見ることができるのですが、このような形の表示は珍しいかと思います。

新規で作成しないと既存の文字では表現し切れないですよね。


そして、やはりその標識のそばに、下の写真のような形の道路形状を表した標識を見つけました。




様々な形状の道路交差点があるのは事実だと思いますが、このように標識も様々な形状があるのはちょっとした驚きです。

道路標識は、案内や注意喚起(警戒)、規制などを運転者等に知らせるもの(情報提供)ですが、その内容を形や色で端的に表現していて、ピクトグラムの一種と捉えることができます。

またわかりやすく一目でもわかるようにしているという意味では、まさしくユニバーサルデザインですよね。